永代供養の魅力

時代と共にお墓のあり方は変わっていき、今では永代供養を行う方が多くいらっしゃいます。
こちらでは、永代供養の魅力についてご紹介いたします。

独り身でも安心

今の日本は少子化が深刻となっており、自分が亡くなったらお墓を管理してくれる人がいないという方も多いです。永代供養のお墓は、お寺が責任をもってしっかり供養しますので、お墓の掃除や管理を心配せずにすみます。また、家族に負担を掛けたくないという方にもおすすめです。
終活で自分のお墓を探しているという方は選んでみると良いです。

お墓参りも可能

永代供養には種類がいくつかあり、中には個人のお墓を建てられるところもあります。
慈眼寺でも「ふたりだけのお墓」という個人のお墓を建てることが可能です。33回忌以降は合同墓である瑠璃光廊で供養、管理を行いますので、檀家になる心配もありませんのでご安心ください。

また、西武秩父駅から徒歩5分と交通機関も充実していますので、ご家族でもお墓参りしやすいでしょう。もちろん、普通の永代供養同様、お墓の管理もさせていただきます。永代供養にはしたいけど納骨堂は避けたい、夫婦ふたりだけのお墓が欲しいという方にぴったりかと思います。

宗教など関係なしに供養できる

永代供養はお寺によっては宗教的条件が問われず、どなたでも供養を行うところもあります。
慈眼寺では、住職の許可を得ることができれば、宗教は問われません。まずは永代供養してもらいたいお寺に一度相談してみると良いです。国や宗教は違うけれど、日本で供養を行いたいという方は、永代供養をお選びください。

秩父にお寺を構える慈眼寺では、なかなかお墓参りができないという方や独り身で自分が亡くなったあとのことが心配という方に永代供養を行っています。共同のお墓で供養させていただきますので、費用が心配という方も安心してご利用いただけます。秩父で永代供養を行いたいという方はぜひご相談ください。