永代供養墓の選び方のポイント

少子化、核家族、非婚化、都会への移住など、時代の変化と共に永代供養墓を利用する人が増えています。永代供養墓とは3つの条件を兼ねそなえたお墓のことです。生前に申し込みができる、永続的に管理と供養を受けることができる、跡継ぎの有無に関係なく申し込みができるお墓のことをいいます。

こちらでは、永代供養墓を選ぶ際に重視したいポイントをいくつか紹介いたします。

立地

永代供養墓選びでまず重視したいのが立地です。
電車やバスなどの公共交通機関が利用できるか、車を利用する場合の彼岸やお盆時の渋滞状況、徒歩で行く場合の階段や坂道がないかなど。お墓は、自宅から近いのが理想ですが、高齢者にとってアクセスが良いとやはり便利です。利用者の中には、独り身でお墓参りの必要がないからと、立地を気にされない方もいます。
とはいえ、やはり永眠する場所は何か縁があり、生前に申し込む場合は足を運ぶ機会が何度かありますので立地は重要です。

形態

永代供養墓と一口に言ってもその形は様々ですが、形態は主に永代供養墓、納骨堂、樹木葬の3つがあります。納骨堂は地下に骨壺を安置する為の部屋をつくったり、人が一人入れるくらいの納骨堂を地上につくったりと、形態もさらにいくつかあります。形も様々なので何を優先するか、優先順位を考えておきましょう。

費用

永代供養墓を利用する際、永代使用料や管理費、布施などの費用が必要です。
中には、管理費はいらず初期費用だけで済む所もあります。費用が適正なのかなどの費用額は重要ですが、受けられるサービス内容を照らし合わせて判断することも必要です。一人で申し込む場合や、夫婦・家族で申し込む場合での費用は異なります。永代供養墓の形態は色々あり、納骨方法や供養の方法、施設によって供養のオプション設定も異なります。

経営主体

一般の墓地と同じように、永代供養も経営主体がしっかりしているかというのは重要です。
管理者や住職さんが信頼できるかは必須です。墓所管理者との相性も一つの判断材料になります。気に入った永代供養墓がお寺であれば、住職さんに色々質問するといいでしょう。丁寧に対応し、疑問点に対して色々アドバイスしてくれるお寺であれば、安心して任せられます。

秩父で永代供養墓をお考えの方は、慈眼寺にご相談ください。
慈眼寺は、西武線西武秩父駅から徒歩5分、秩父鉄道お花畑駅より徒歩2分とアクセスが便利で、駐車場も完備しています。バリアフリーとなっているので、車いすでの墓参りも可能となっています。夫婦二人だけ、跡継ぎがいない、親子で入れる墓地を探しているなど、お墓・供養・納骨でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

墓地の改葬手続き案内、墓石の抜魂・解体・撤去などにも対応しております。