日本人にとって大切なお墓参りのマナー

かつてお墓は集落の近くにあったため、とても身近な存在で日常生活の一部でした。
現在は距離的な問題もあり、年に数回お参りする程度になっています。回数こそ減ったものの、祈りの象徴であることに変わりはなく、お参りする人にとっては心の拠り所でもあります。
こちらでは、お墓参りのマナーをご紹介します。

お墓参りのマナー

・お参りのタイミング・時間
春秋のお彼岸やお盆、正月、年忌法要や故人の命日に行われるのが一般的ですが、それ以外でもいつでも行っていいものです。子どもの進学や就職が決まった時、結婚が決まった時や出産した時、ふと思い立った時など。人生の節目や良いことがあった時にはご先祖様に報告に行くことをおすすめします。

・作法・時間帯
お墓参りはどんな気持ちで訪れるかが大切なので、特別決まった作法はありません。
ただやはり、身支度はきちんと整えあまり派手でない格好が望まれます。墓地を掃除しやすいように動きやすい格好がいいでしょう。また、時間も特に決まりはありませんが、午前中なら涼しいので掃除もしやすいです。午前中にお参りを行うことで、その日1日を清々しい気持ちで過ごせるでしょう。

・持ち物
持ち物はお供えに必要な物と掃除道具を持っていきます。掃除道具は、ほうき、雑巾、歯ブラシ、ゴミ袋などを持っていきます。お供えに必要な物は、生花やお菓子・飲み物などの故人が好きだった物、食べ物を置くための半紙、はさみ、線香、ライターを持っていきます。
お酒を墓石にかけると変色しシミになることもあるので避けた方がいいでしょう。

・お参りの手順
お墓に着いたら、先に管理者や住職に挨拶します。墓地の前に着いたらまずは合掌し、墓地の掃除を始めていきます。墓地周辺の草むしりやゴミを拾い、墓石は固く絞ったタオルで磨きます。
花立てや香炉なども掃除し、細かい部分の汚れは歯ブラシを使うといいでしょう。掃除が終わったらお供えし線香に火をつけます。線香を立て気持ちを込めて手を合わせ、ご先祖様へ感謝の気持ちを伝えます。全員の合掌が済み最後に一礼したら一通り終わりです。帰る時は線香と花以外は持ち帰ります。食べ物を置いて帰るとカラスや動物が食い散らかすので必ず持ち帰ります。

秩父市にある慈眼寺では、後継者がいない、子供に迷惑を掛けたくない、管理料の心配事などの生前相談にのっております。墓地や納骨、供養などのお墓に関するお悩みを解決いたします。また、慈眼寺の永代供養墓はユニークな形態となっており、夫婦ふたりのお墓や、プレートの名前が残る期限付き永代供養墓もございます。
秩父市はもちろん、アクセスが便利なので秩父市以外にお住まいの方も利用しやすくなっています。