お墓を生前に建てる人が増えている理由

近年、生きているうちにお墓を建てる「生前墓」が増えています。
「自分の気に入った場所やデザインにしたい」「残された家族の負担を減らしたい」など理由は様々です。生きているうちに建てるのは縁起が悪いと思う方も多いと思いますが、生前墓は古来より縁起が良いものとされてきました。
こちらでは、生前墓が増えている理由を紹介します。

生前墓は縁起が良い

生前にお墓を建てることを「寿陵」といいます。寿陵は「長寿」「家族の繁栄」「家内円満」を招くとされ、縁起のいいものとされてきました。中国では秦の始皇帝や歴代の皇帝、日本では聖徳太子などが寿陵を建てています。

生前墓はメリットがある

立地やデザインを自由に選べる

生前墓は建てる場所やデザインを自由に選べます。近年は少子高齢化や核家族化、都心へ移住する人が増えています。そのため、遠方にいる子どもがお参りしやすいようにアクセスが便利な場所に建てたい、車いすでもお参りしやすいバリアフリー化の墓地がいいなど、立地条件を重視する方も多いです。後々の負担がかからない「永代供養墓」を選ぶ方も増えています。

また、近年のお墓はデザインの自由度が高くなっており、自分でデザインしたお墓を建てることが可能です。

焦ることなくゆっくり選べる

お墓を建てる時期や納骨に期限はありませんが、一周忌や三周忌を目安にお墓を建てる人が多いです。ただ、日程が近づいてくると何となく焦ってしまう方は多いものです。生前墓なら時間に追われることがないので、ゆとりをもって探すことができます。

また、時間をかけられる分、墓地の立地条件や墓石の種類・デザインなどを妥協することなく選べます。

相続税の節税対策・家族の負担軽減

家族が亡くなった場合、継承する財産全てに相続税がかかりますので、お墓建立のための現金も課税されます。お墓を建てるには永代使用料、墓石購入・工事費などの費用がかかりますが、お墓にそのものは「祭祀財産」となるので相続税が免除されます。そのため、生前に建てておけば課税対象資産を減らすことができます。

また、家族が亡くなった後は、事務手続きや遺品整理などもあります。相続税も含め、生前に建てておくことで残された家族の心身的な負担、費用の負担を軽くすることができます。

秩父で、お墓や供養、納骨でお悩みでしたら慈眼寺にご相談ください。
秩父市にある慈眼寺では、相談は無料で仏事相談も対応しております。秩父の永代供養墓もご紹介しており、夫婦二人だけの墓やご先祖様と一緒の納骨も可能な安穏墓、共同タイプの永代供養墓などをご用意しています。

ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください。