お墓の歴史について

各地によって違いはありますが、現在のようなお墓や葬儀スタイルは、どのように移り変わってきたのでしょうか。ここではお墓の歴史について紹介します。

お墓の移り変わり

日本では縄文時代から死者を埋葬する習慣がありました。古墳時代には巨大な古墳が作られ、そこに遺体を納め、埋葬されるようになります。古墳が巨大化したのは権力を示すためと言われています。

これまではお墓に膨大な費用をかけていましたが、大化の改新で墳墓の造営を制限した「薄葬令」の始まりにより、お墓の規模や葬儀の儀礼が簡素化されるようになりました。また、仏教が広く普及した鎌倉・室町時代には、戒名や位牌といった習慣も取り入れ、仏教の意味を持ったお墓が作られたのもこの頃です。

お墓の形は時代とともに変化していますが、死者を埋葬し供養する形は今でも変わっていません。ご先祖様を敬うことは、今も昔も変わらず大切なことと言えます。

檀家制度の始まり

キリスト教を排除する目的で作られた寺請制度が檀家制度の始まりと言われています。
主にキリシタンでないことを証明するために記録が行われていました。

しかし、仏教が庶民の中に浸透していくと、各地にお寺が建てられ、檀家からお布施をもらったお寺が墓地管理や葬祭供養などを執り行うようになります。裕福な庶民は墓石や戒名を持てるようになり、お盆などの仏事も庶民の生活に定着していきました。

霊園の登場

明治時代になると、天皇を頂点とした神道が盛んになりました。身分制度の廃絶を目指す明治政府は神仏分離令を出します。寺請制度は廃止され、現在に続く戸籍の編製も始まりました。
墓地が無税となる代わりにそれ以外の土地での遺骸埋葬は禁止され、聖職者以外の葬儀も禁止されます。

人口増加に伴う墓地不足を解決するため火葬スタイルが一般化され、一家の長男が墓地を相続するようにも定められました。さらに、自治体や地方公共団体が運営管理する公営霊園も作られました。また、宗教法人や社団・財団法人が管理する民営霊園も作られるようになり、現在に至っています。

宗教法人の慈眼寺は、埼玉県秩父市にある曹洞宗のお寺です。観音霊場を巡る秩父札所十三番として、多くの方がご参拝に来られます。また、永代供養のお墓もご用意しています。

永代供養は宗派に関係なく使用することができ、檀家にならなくても法事や葬儀を行うことが可能です。お墓や納骨、費用や共同墓地に関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。