日本百観音寺について

観世音菩薩を信仰する観音信仰は古くからありました。そのため、観音菩薩を安置するお寺を巡礼する、観音札所巡りが盛んになりました。ここで日本百観音寺について紹介します。

観音信仰について

観世音菩薩は、悟りを求めて修行されている尊い菩薩様です。多くの方を救うため、色無き色を見て、音なき音を聴く慈悲深い菩薩様です。様々な姿になって現れ、苦しみや悩みから救ってくれるので、貴族から庶民に至るまで人気がありました。

平安時代に書かれた今昔物語には、観音信仰にまつわる話も多いです。そのため、観世音菩薩の仏像も数多く作られました。代表的なものとして聖観音、十一面観音、千手観音が挙げられます。

観音札所の始まり

観音札所はどのように興ったのでしょうか。伝説によると、奈良時代の徳道上人が危篤に陥り、閻魔大王に会った際に観音信仰の霊場を開くよう依頼されたのが始まりといわれています。

しかし、観音信仰は広まらず、観音霊場三十三ヶ所の宝印は中山寺に納められました。
平安時代の花山天皇は自ら巡礼の覚悟を決め、仏眼上人や性空上人と共に観音札所を中興しました。これが西国三十三箇所となり、平安貴族を中心に崇拝を集めました。

鎌倉幕府を開いた源頼朝も熱心な観音信者だったといわれ、鎌倉武士たちが関東地方(東国)に興した霊場が、坂東三十三箇所です。庶民の信仰を集めた霊場は、秩父三十四箇所となりました。
秩父札所のおこりは諸説ありますが、秩父の修験者たちや庶民が観音堂を順拝したのが、始まりといわれています。

西国札所、坂東札所、秩父札所の3つを合わせると百箇所となり、これが日本百観音寺となりました。日本百観音寺の最後(結所)は水潜寺となり、すべての札所を順拝した後は、善光寺および北向観音にお礼参りすることが慣わしといわれています。

秩父札所十三番の慈眼寺

目の病気治癒にご利益があるといわれる慈眼寺は、かつて日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が立ち寄った霊地といわれています。曹洞宗広見寺二世東雄朔法大和尚をご開山として迎え、行基が作ったといわれる聖観世音菩薩がご本尊です。今の時代に必要とされる永代供養墓もご提供しています。

埼玉県秩父市にて永代供養墓をお探しの方は、秩父札所十三番の慈眼寺にご相談ください。後継者がいなくても、永代にわたってご供養と管理を行って参ります。また、管理費も必要なく、33回忌まで自分たちのお墓が持てます。都心からも交通アクセスが良いため、とても便利です。

西武秩父駅から近くて駐車場も完備、バリアフリーなので安心してお墓参りができます。
夫婦におすすめなのが、永代供養墓の「ふたりだけのお墓」です。生前に建てた方は、葬儀後にスムーズに納骨することも可能です。墓石正面には好きな言葉を彫刻することもできます。ご相談は無料で行っていますので、お気軽にお問合せください。